免疫力を高め風邪やインフルエンザを予防する方法をご紹介します。

免疫力を上げる食べ物とは

免疫力は15〜18歳をピークとして年齢とともに落ちていきます。免疫力を上げるには若さを維持するのが一番ですが、若さをずっと維持し続ける食材というのは存在しません。

ですので、「身体に良い食材を自然な形で食べる」事を心がける事をオススメします。

良い食材、悪い食材ってなに?

時代が進むにつれて農業も養殖業も「農薬、化学肥料やホルモン剤」などを使うようになりました。我々の周辺には農薬に汚染された野菜、ホルモン剤まみれの肉や魚が流通しています。

無農薬で栽培されている野菜や天然物の魚を積極的に購入し、汚染された食材の摂取を極力避けたいところです。

農薬やホルモン剤は人間の細胞にダメージを与えると言われており、免疫力が落ちる原因となります。

バランスのとれた食事が免疫力を上げる?

現代人の食生活は「炭水化物」が多すぎて「タンパク質やビタミン、ミネラルが少ない」と言われています。

簡単に食べられる「ジャンクフード」はたいてい「炭水化物の塊」でありビタミンやミネラル、そして何より大切なタンパク質が不足しています。(カロリーは足りているが栄養不足)。

身体を作り、酵素や免疫細胞を強くするには良質のタンパク質を毎日食べる事です(体重1kg当たり約1〜1.5gのタンパク質、たとえば体重60kgの人なら60〜90gのタンパク質を毎日摂取する事が推奨されています)。

タンパク質の次に大事な栄養素は代謝を正しくしてくれるビタミンとミネラルです。

具体的にどんな食材が免疫力を上げるの?

どんなに良い食材を食べても効率よく体に吸収されなかったら意味がありません。

食材をエネルギーに変えるのに重要な働きをするのが腸で、腸内環境を良くする事で栄養の吸収を高める事ができます。

腸内環境を良くする食材として代表的なのがヨーグルト等の発酵食品です。毎日、ヨーグルトや味噌、納豆などを食べて腸内環境を良くする事をおすすめします!毎日食べる事が大変であれば、乳酸菌サプリメントで代用する事も効果的です。

昔から推奨されている食材も免疫向上には効果的です。梅干し、ニンニク、お茶、小松菜やホウレン草、ザクロなど。昔の知恵も大事にして免疫力を上げましょう!

私が飲んでいるおすすめ乳酸菌サプリメント

簡単にできる免疫力アップ法を探して乳酸菌サプリメントにたどり着きました。実際に購入しておすすめできる乳酸菌サプリメントのレビューを書きましたので是非ごらんください。

私の飲んでいるおすすめ乳酸菌サプリのレビューはこちら