免疫力を高め風邪やインフルエンザを予防する方法をご紹介します。

腸内環境を整える方法

腸は食物を体内に栄養素として取り入れる玄関口です。玄関を綺麗に保たないと健康は維持できません。ここでは腸内環境を整える3つの方法を分かり易く説明します。

腸内環境を整える重要な要素は「食べ物」「運動」「ストレス解消」です。この3要素をうまく組み合わせて腸内環境を整えましょう。

腸内環境を整える食べ物

食事は5大栄養素をバランスよく摂取することが大切です。腸の環境を整えてくれる食材は食物繊維と発酵食品(乳酸菌)です。

代表的な食べ物がヨーグルト、チーズ、納豆、ぬか漬け、キムチなどです。

乳酸菌は腸内で酸性物質をつくり悪玉菌を抑制してくれます。乳酸菌は胃液や胆汁でほとんど死にますが、その死菌も腸内で悪玉菌の死骸を吸着して体外に排出、整腸作用を助けます。

食物繊維は腸内の有害物を吸着して体外に排出する役割と、腸を刺激して便通を良くする役割があります。

代表的な食べ物はリンゴ、バナナなどの果物、わかめなどの海藻類、えのき、しいたけ等のきのこ類です。

適度な運動で腸内環境をよくする

運動は筋肉を刺激して、血行を良くし体内に吸収した栄養素を細胞に届け易くする働きがあります。適度な運動は腸を刺激し腸の血行を良くします。

強すぎる運動は交感神経優位にし腸の運動を抑制するように働きますのでなるべく避けましょう。

ジョギングや、速足ウオーキング、ストレッチ、太極拳、腹筋などが適度な運動です。

ストレスと上手に付き合う

自律神経は腸内環境を支配する要因です。

交感神経優位になると腸の運動が抑制されて腸内環境が悪化します。副交感神経優位な状態を作り出す工夫をしましょう。

リラックスする時間を持つことで自律神経のバランスが保たれて、腸の運動が促進されます。現代社会でストレスを感じない事は不可能ですから、ストレスと上手く付き合うのも健康維持には必須でしょう。

観劇や音楽を聴く、好きなものを食べる、瞑想をするなど、日々のストレスをできるだけ解消できるように自分なりのリラックス法を持つことをおすすめします。

私が飲んでいるおすすめ乳酸菌サプリメント

簡単にできる免疫力アップ法を探して乳酸菌サプリメントにたどり着きました。実際に購入しておすすめできる乳酸菌サプリメントのレビューを書きましたので是非ごらんください。

私の飲んでいるおすすめ乳酸菌サプリのレビューはこちら