免疫力を高め風邪やインフルエンザを予防する方法をご紹介します。

風邪予防にビタミンCは効果あるのか

ビタミンCは風邪予防に効果がある言う科学的な根拠はいろんな研究で証明されています。

昔から風邪を引いたら「みかん」を食べなさいといわれた事はありませんか。

慣習的に「風邪予防=みかんを食べる」となっていますよね。みかんにはビタミンCの他にもいろんな成分が含まれています。ビタミンCだけではなくて「みかんに含まれている成分が総合的」に風邪に効くというのが正解かもしれません。

500mgのビタミンCを5年間与えた人とそうでない人の「風邪罹患率」を調査したところ、ビタミンC、500mg組の風邪罹患が1/3に低減したとの研究報告もありますが、そのメカニズムまでは解明されていません。

ビタミンCは風邪の予防だけでなく、先ほど述べたように風邪を引いた後も風邪治療に効果がありますので、普段からビタミンCを摂取しましょう。ビタミンCは「みかん」や「イチゴ」、「ブロッコリー」や「アセロラ」などに多く含まれています。

ビタミンCの効果

ビタミンCがコラーゲン生成に関与している事は証明されていて、壊血病(出血が止まらなくなる病気)治療の薬として使われています。また活性酸素を除去する効果も確認されています。

ビタミンCの1日当たりの摂取量は500mg~1000mgと言われています。(厚生労働省の数字はもっと少なくて100mg)風邪の予防には2g~5g毎日摂取しましょうという専門家もいます。

ビタミンCは水溶性ビタミンですから、摂取するのは「一度に大量」ではなくて、分散して摂取する事が大切です。そうしないと体外に排出されます。

ビタミンCは抗ストレスホルモンを作りますからストレスの多い人はビタミンCを大量に消費してしまいます。

ビタミンCは貧血にも効果があります。ヘモグロビンに含まれる鉄はビタミンCがあると体内への吸収率が良くなると言われていますから、間接的に貧血に効果があります。

このように私たちの健康に良い働きをしてくれるビタミンCには幸いなことに副作用がありません。心配しないでいろいろな食品を食べることが出来ます。

私が飲んでいるおすすめ乳酸菌サプリメント

簡単にできる免疫力アップ法を探して乳酸菌サプリメントにたどり着きました。実際に購入しておすすめできる乳酸菌サプリメントのレビューを書きましたので是非ごらんください。

私の飲んでいるおすすめ乳酸菌サプリのレビューはこちら