免疫力を高め風邪やインフルエンザを予防する方法をご紹介します。

正しい手の洗い方

正しい手洗い方法

風邪の予防には手洗い、うがいが重要で外出の後は欠かさず行っている人も多いかと思います。しかし、正しい方法で手洗いを出来ている人はとても少ないのが現状です。

風邪予防のための手洗いなのに、実際は正しい手洗いができていないがために、風邪のウィルスを除去できてないことが多いのです。

ウイルスや細菌は「手」を介して人から人に移ります。部屋のドアノブや電車の吊り輪に細菌やウイルスは付着しています。だから外出から帰った後に手洗いをすることが重要なのです。

せっかく毎日続けている手洗いですので、正しい方法をしっかり覚えて風邪予防をしていきましょう。

正しい手洗いの方法、どのような手順で手を洗えば良いのか?

普段行っているような簡単な手洗いでは指の間、手の甲、手首、手のひらの凹み、指の背は洗えていません。手のひらを合わせてゴシゴシ洗うだけでは細菌を完全には除去できないのです。

正しい手の洗い方は次の手順がおすすめです。

1)手を水かお湯で濡らして、石鹸をつけます。石鹸は市販品で充分(お肌が弱い方は弱酸性石鹸)。良く泡を立てます。石鹸は個型でも液体でも良いです。

2)手のひらを洗います。両方の手を合わせて、しっかりと洗います。

3)手の甲を反対の手のひらで洗います。左右両手を洗います。

4)指の間を洗います。両手を合わせるようにして、両手を握るようにして。

5)指先を反対の手のひらを使って、しっかりとこすり付ける様にして洗います。

6)親指を握り、ねじるようにして丁寧に洗います。(この工程が大切です)

7)最後に手首をあらいます。この工程も普通の人はやっていません。

普通の人の洗い方は1)と2)はできていますが、5)、6)、7)はやっていない人がほとんどです。

3)、4)はやっている人、いない人が半々くらいでしょう。

手洗いはまず「洗う」ことを習慣化して、そしてウィルスを除去する状態にするには5)~7)も習慣化すべきです。

なお手洗いは、食事の前、料理の前後、トイレの後、くしゃみや咳をした後、動物を触った後、帰宅後など細菌やウイルスが付着したと考えられる後には必ずやりましょう。

手洗いも適当にやっていては意味がありません。正しい手洗いの方法をマスターしてしっかりと風邪予防をしましょう!

私が飲んでいるおすすめ乳酸菌サプリメント

簡単にできる免疫力アップ法を探して乳酸菌サプリメントにたどり着きました。実際に購入しておすすめできる乳酸菌サプリメントのレビューを書きましたので是非ごらんください。

私の飲んでいるおすすめ乳酸菌サプリのレビューはこちら