免疫力を高め風邪やインフルエンザを予防する方法をご紹介します。

風邪のときにお風呂に入っても大丈夫か?

風邪でお風呂

子供のころに祖父母や父母に「風邪の時は絶対にお風呂はダメ、おとなしく寝ていなさい!」と言われたことはありませんか?

つい最近まで風邪にお風呂は厳禁と言う通説がありました。

科学的な根拠はいまひとつよくわかりませんが、とにかく祖父母や父母の言う事は絶対でした。昔は家に風呂のある御家庭は少なく、相当裕福な家庭でないとお風呂は無かったのです。一般庶民は「銭湯」を使ってました。

この時代はお風呂に入るには外出が条件で、家庭風呂も母屋には無くて別棟になっているのが一般的でした。そのため、寒い外を往復するお風呂は、入っている時は暖かいが母屋とお風呂の往復で体を冷やしてしまいます。

このような理由から、昔は風邪の時はお風呂に入ってはいけないと言われたのでしょう。

今は何処の家庭でも大体、お風呂は家の中にあり湯ざめする心配はありません。文化が全く違ってますから昔の常識は今では非常識となってきたと言えます。

体力があれば、むしろ風呂に入った方が良い

現在の通説、常識は風邪を引いても体力があれば(発熱が37度程度で本人は食欲がありそれなりに元気で風呂に入る意欲満々な場合)、体を温めると免疫力が上がるため、お風呂に入った方が良いといわれています。

風呂に入ると気持ちが良くなり、その結果気分よく眠れますし、おまけに体が清潔になり爽快になります。

発症が重篤で、発熱も38度以上になり、下痢やおう吐が伴えば、お風呂に入るなどという気持ちは起こってきません。こんな時は当然お風呂はやめて安静にして休んで下さい。

お風呂に入る時の注意点ですが、半身浴は避けて全身湯船につかりましょう。それから可能ならば浴室の空気も暖めて下さい。湯船と浴室の温度差は小さくしましょう。欧米では風邪を引いた場合、風呂に入るのが常識になっています。歴史と文化が違えば「常識」も違うということが面白いところでもあります。

私が飲んでいるおすすめ乳酸菌サプリメント

簡単にできる免疫力アップ法を探して乳酸菌サプリメントにたどり着きました。実際に購入しておすすめできる乳酸菌サプリメントのレビューを書きましたので是非ごらんください。

私の飲んでいるおすすめ乳酸菌サプリのレビューはこちら