免疫力を高め風邪やインフルエンザを予防する方法をご紹介します。

風邪のときにお酒を飲んでも大丈夫か?

風邪でお酒は飲んで良いのか

毎晩お酒を飲んでいる方は、風邪を引いた時でもお酒を飲みたくなるものです。お酒を飲むと風邪が悪化するのか、それともお酒の力で風邪が治るのか・・・毎回悩むところだと思います。そこで風邪を引いた時のお酒はアリなのか無しなのかを書いていきたいと思います。

風邪引きの時の飲酒は良くありません

いきなりですが、風邪を引いた時のお酒は原則NGです!

アルコールは体内に吸収されると肝臓で酸化されてアセトアルデヒドになります。このアセトアルデヒドは人体に有害な物質であり「酔い」の原因物質でもあります。肝臓には血中で余ったタンパク質や脂質を蓄える働き、および体内に入り込んだ毒素や体内で産生された毒素を解毒する働きもやってくれています。

アルコールが入るとその分解にエネルギーを使うために解毒作用が弱くなってきます。風邪を引いている状態では体内に毒素がたまっているといえますから、それを解毒してくれる肝臓の働きを低下させてしまうアルコール(お酒)は良くないのです。

少量のお酒なら問題はないのか?

たしかに経験的には「たまご酒」で風邪が治ったということはよく耳にします。これはお酒が風邪を治したと理解するのではなくて「温かい飲み物(たまご酒)」が体を温めて免疫力があがり、卵と言う栄養が風邪退治に働いた、と考えれば理解できるでしょう。

お酒は「たまご」を溶かす役割と、体温を温める役割を果たしたのです。アルコールはお燗をした為に空気中に少量拡散し体内にはそれほど悪さをする量が入らなかったと考えたらどうでしょう。

お酒が強くて、発熱もそれほどなく食欲が有る状態ならば「たまご酒」、や「ホットワイン」は風邪に良いこともあります。

呑んべえのとってはこれが正解かもしれません(笑)

厳格なドクターは「お酒は絶対ダメ」と言っていますが、人間はそんな単純な生き物、物理法則だけで生きてはいません。人間は感情というもので50%以上支配されていますから「お酒で風邪が治る」と思っている人にはお酒が自分にとっての風邪薬になるかもしれません。

とはいえ風邪の時のお酒は体に良くありませんので、風邪をひいている時くらいは休肝日にすることをおすすめします。

私が飲んでいるおすすめ乳酸菌サプリメント

簡単にできる免疫力アップ法を探して乳酸菌サプリメントにたどり着きました。実際に購入しておすすめできる乳酸菌サプリメントのレビューを書きましたので是非ごらんください。

私の飲んでいるおすすめ乳酸菌サプリのレビューはこちら