免疫力を高め風邪やインフルエンザを予防する方法をご紹介します。

インフルエンザの予防方法

秋から冬にかけてインフルエンザの流行する時期です。ここではやればできるインフルエンザの予防法について考えてみましょう。

インフルエンザの予防法を「ウイルスを体内に取り入れない」「体内に侵入したウイルスを撃退する」の2つに分けてみていきたいと思います。

インフルエンザウイルスを体内に取り入れない

インフルエンザの感染経路は「飛沫感染」、「接触感染」、「空気感染」3つがあります。

 飛沫感染を予防するには

飛沫感染はインフルエンザに感染している人のくしゃみや咳によって、インフルエンザウィルスが含まれた唾液が飛び散ることで感染します。

どうすれば飛沫感染を防止できるか?

感染者に近寄らない事ができれば完璧ですが、感染者は看板を付けていませんのでわかりません。

感染者に近寄らないのは事実上不可能ですから、飛沫が飛んでいる事を前提に自衛手段としてはマスクをする事が効果的です。サージカルマスクでは効果は低いため、N95やDS2などのウイルス防御効果のあるものを選んで使いましょう。

 接触感染を予防するには

接触感染を防止するには「手洗い」の習慣化をすることです。アルコール除菌も効果的ですので、外出から帰って来た際には手洗いに加えてアルコール除菌をするといいでしょう。また冬場なら外出時に「手袋」をすることも効果的です。

 空気感染を予防するには

空気感染を予防するには飛沫核を湿らせるとウイルス活性が落ちるため、部屋を「加湿」することをおすすめします。加湿器があれば問題ありませんが、ない場合でも湿らしたタオルを掛けておくことで加湿効果があります。比較的に簡単にできる対策ですから意識して実行したいところです。

体内に侵入したウイルスを撃退する

ウイルスを体内に入れない努力も甲斐なく体内にウイルスが潜入したら、「うがい」でウイルスを減らしましょう。鼻から喉の粘膜にある繊毛の運動を活発化するには、喉を湿らせると良いでしょう。

緑茶、ウーロン茶、水、ジュース何でも良いですから水分をシッカリと補給します。これから先は免疫細胞の出番であり、免疫細胞を活性化させるために栄養と休息をシッカリと取りましょう。

予防注射をするのも効果的ですが1回の予防注射よりも2回の予防注射が良いと言われています。ワクチンの接種により高齢者は発症率が35%〜50%、重症化率が82%低減できたと言う研究報告があります。しかしインフルエンザは毎年遺伝子の変異したウイルスが流行するのでワクチンの効果が100%とは限りません。

インフルエンザ予防は、まずはインフルエンザウィルスを体内に入れないこと。もし体内に入ってしまった時のために、規則正しい生活を送り免疫力を高めておきましょう!

私が飲んでいるおすすめ乳酸菌サプリメント

簡単にできる免疫力アップ法を探して乳酸菌サプリメントにたどり着きました。実際に購入しておすすめできる乳酸菌サプリメントのレビューを書きましたので是非ごらんください。

私の飲んでいるおすすめ乳酸菌サプリのレビューはこちら